2005年03月26日

ベルセルク 第253話 『母』

魔術道具を返却したファルネーゼではあったが、シールケから唯一手ほどきを受けた『リンゴを用いた基礎訓練』は続けていた。 少しずつだが手応えを覚え始めるファルネーゼは、リンゴを手に自身の歩みを振り返りながら、傍に仕えるセルピコに語りだす――「何か一つ… 私にしかできないことで、あの人達の力に……なってみたかった。…でもそれもきっと口実だ」

ファルネーゼは、忌み嫌っていたはずの父親の手の中に逃げ込んでしまった自分を許せない。そんな彼女の元に予想外の人物――母親が姿を現す。 冬の寒気を嫌って南の島々を旅していたファルネーゼの母は、戦場見物の為にヴリタニス港に偶々立ち寄ったのであった。余り親しい間柄とは言えない二人が久しぶりに言葉を交わす中、母親は娘の歯切れの悪さに何かを感じたのか、意外な打ち明け話を始める。 それはファルネーゼの父、ヴァンディミオンのことであった。

母親によれば、父親のヴァンディミオンはファルネーゼのことを酷く恐れていたのだという。万事を掌握せずにはいられない、 そんな弱さを抱えていた父親にとって、常に予想外の行動を示すファルネーゼは不可解な、小さな怪物に等しい存在だったのだ、と。 その話を俄には納得しかねるファルネーゼに、母親は更に言葉を継ぐ。「――あなたがどこかに居場所を見つけることができたなら、 人一倍痛みを知るあなたは誰よりも優しくなれるでしょう」母親はファルネーゼにそう告げて「あなたのような娘を持って母として鼻が高い」 とまで言い切るのだった。そこに従者の一人が彼女達の元に現れ、馬車の支度が調ったことを告げる。マニフィコの命により、 市政府主催の舞踏会に出席することになっているというファルネーゼの言葉に、母親は思う所があるらしく同道を希望する。

一方、ガッツ一行はファルネーゼを奪還する為にヴァンディミオン邸に向かっていた。正面から会いに行くというガッツや、 魔女の装束を身に纏ったシールケの姿、キャスカを連れてくることにイシドロは一抹の不安を覚える。が、「早くいつも通りに戻りたいです」 というシールケの言葉に気を取り直す。そこに、ファルネーゼを乗せた馬車が、舞踏会に向けて出発していくのだった……。

続きを読む
posted by 仙道勇人 at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(2) | ベルセルク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。