2005年08月31日

ベルセルク第261話『錆びた鳥籠』

 為す術もなく竦み上がる貴族、貴婦人達の居並ぶ前で、ガッツはまた四頭の妖虎を切り捨てる。その圧倒的な強さを目の当たりにし、 貴族達の中には状況も忘れてガッツを自軍に引き込もうと目論む者も出る始末だった。 そこへガッツの目を盗んだ一頭の妖虎が襲いかかっていくが、イシドロの投じた炸裂弾によって事なきを得るのだった。

 一方、シールケとファルネーゼの近くにいた婦人達の元にも、一頭の妖虎が近づきつつあった。それに気がついたシールケが、 些かも動じるそぶりを見せず呪文と共にバッグを開けると、二本の紐状の物体が勢いよく飛び出していく。 その紐状の物体が音もなく妖虎に近づき、前肢に絡みついてその動きを封じる光景を眺めていたファルネーゼに、シールケは言う。「茨の蛇。 私の作った使い魔です」――それは海辺で襲撃を受けた際に、肉体を持つ敵にも即応できる手段が必要と感じたシールケが、 暇を見て拵えたものだった。シールケはファルネーゼに蛇達と同じ蔓で編んだ指輪を与え、"茨の蛇"の主がファルネーゼであることを告げる。 自分の指に収まった指輪を自信なさげに見つめるファルネーゼに、シールケは「大丈夫。今のファルネーゼさんになら扱えます」 と太鼓判を押して励ますのだった。

 その頃、ひたすらドラゴン殺しを振るうガッツの元に、思わぬ援軍が現れていた。ロデリックである。「あんた、 ファルネーゼの知り合いかい?」気さくに話しかけるロデリックを、ガッツはニコリともせず制止する。「やめとけ。 シロウトが手ェだすと怪我するぞ」それに対しロデリックは「そうも言ってられないのよ。惚れた女の手前」と答えるや、 冷や汗混じりで必死に妖虎に立ち向かっていく。しかし、もとより通常の武器では歯が立つわけもなく、 ロデリックの細身のサーベルはあっけなくへし折られてしまう。瞬く間にロデリックは窮地に陥るが、 それを救ったのはファルネーゼの"茨の蛇"達だった。無数の"茨の蛇が"妖虎の動きを絡め取る光景に喫驚するロデリックに、 ファルネーゼは銀の武器を使うように叫ぶ。ロデリックは戸惑いながらも、手近なところにファルネーゼが使っていた銀の燭台を見出し、 それで妖虎の息の根を止めるのだった。

 そうこうしているうちに、不意に妖虎達が静かになった。 セルピコが敵術者達を一掃したことを悟ったガッツの言葉を受けたシールケは妖虎達に金縛りをかけ、完全に封じ込める。 自分達の無事に沸き返る会場で、漸くガッツはファルネーゼに声をかける。「ここにゃお前の親兄妹がいる。お前の見知った貴族の世界だ。 ここがお前の旅の終着地か?」思いがけないガッツの問いかけに、しばし黙考した後、ファルネーゼは徐に口を開く。「いいえ。 この石の籠の中でようやくわかりました。ここは私の戻る場所ではない、もう昔に旅立った場所なのだと。ただ懐かしくて立ち寄ってみた…… それだけです」そう言い切ってみせたファルネーゼの双眸に、もはや迷いの影は寸毫も見られないのだった。


 

今回は場面の転換が激しいので、色々と書くことがありますなあ。
えーと、まずはその1。
使い魔「茨の蛇」の登場!
これでファルネーゼも銀の短剣持ってわーきゃー言ってるだけじゃなく、
戦力の一端を担える存在としてランクアップですね。
遠くから敵を牽制することも可能ですし、何より数が半端じゃなく多い!
最終的に一抱えくらいの量になってたんで、
もしかしたらバラで使うだけじゃなく、
合体させて大蛇みたいにすることも可能な気がする。
これはなかなか侮れませんぜ。

その2。
ロデリック頑張ってますなあ。
いやあ、イイねイイねー。
なんかますます好きなキャラになってきましたわ。
「そうも言ってられないのよ。惚れた女の手前」
なんてあっさり言ってのけちゃうところを見ると、
結構マジだったんですね。
つか、作品内では会って当日の話ですよね、これ。
つうことは一目惚れって奴ですか?
しかし、まあ、これでロデリックが自船で送迎って線が濃厚になりましたな。
「惚れた女の手前」理論wで行けば、自ら送らにゃ男がすたるってもんでしょ。
「必ず無事に連れ帰ります」とか言えば、
ファルパパにも良いところ見せられるし一石二鳥だぞ!

その3。
ラストのファルネーゼのカットが良いですね。
上では「迷いの影無し」とか書いちゃってますが、
寧ろ迷いを断ち切るような眼差しと言うべきかもしれません。
実に微妙な表情で深みがあります。
それにしても、これはセルピコにも言えることですが、
ファルネーゼって今後何処を目指すんでしょうかねえ。
魔道の探究って柄でもないですし……。
うーむ、旅が終わるまで目が離せませんなあ。

それにしてもこれにて妖虎編は一件落着、ですかね?
次回はオーウェン卿との絡みやら、
エルフヘルムへの船出までのあれこれが描かれるんでしょうか。
……って、グリフィスは何やってんだ?

posted by 仙道勇人 at 12:26 | Comment(4) | TrackBack(1) | ベルセルク

2005年08月21日

ベルセルク第260話『乱入』

 突然現れたガッツに、妖虎は敵意も露わに威嚇の唸りを上げる。しかし、妖虎の威嚇など些かも意に介するそぶりも見せず、 ガッツは背中からドラゴン殺しを引きずり出し、ピタリと妖虎に狙いを定めて対峙する。 その場に居合わせた者達は化け物に敢然と戦う意志を示すこの戦士の出現に色めき立つ。何より人々の注意を惹いたのは彼が手にする得物―― 剣というにはあまりにも大きく、大雑把な鉄の塊そのものの方であった。その場の空気を圧する威容と途方もない存在感を誇示する大剣に、 人々が微かな希望を抱く中、オーウェン卿だけはガッツその人に覚えを感じるのだった。

 「来いよどら猫。猫じゃらしがいるか?」不敵に言い放ったれたガッツの言葉に誘われるように、妖虎は猛然と挑みかかってくる。 それをガッツは一刀の元に両断してみせる。いとも容易く妖虎を仕留めたガッツの鮮やかすぎる剣捌きに、その場にいた全ての者達が唖然とし、 その次の瞬間に期せずして歓声が上がる。

 「見事な手並み!さぞや高名な騎士とお見受けしたが……何処の軍の……」そう言いながらすり寄ってくる貴族の一人を、 ガッツはにべもなく撥ね付ける。「まだだ、まだ終わってねえ」ガッツの言葉を測りかねた貴族が、その真意を問い質そうと口を開いたその時―― 新たにホールに飛び込んできた妖虎の群れにその貴族は屠られてしまう。

 妖虎の大軍を目にした人々の間に、再び動揺が走る。その頭上を颯爽と飛び越えて、 ファルネーゼを伴ったセルピコが仲間の元に帰還する。それを見届けたガッツは一行に撤収を促すが、 ガッツの言葉にファルネーゼは咄嗟に異を唱える。「ここには私の肉親がいるんです。どうか……」ファルネーゼの必死の懇願を、束の間、 ガッツは理解できないかのように見つめ返す。しかし、シールケにも非難されたガッツは渋々承知するのだった。

 そのやり取りを見ていたセルピコは、早速シールケを促す。が、その言葉が言い終わる前に、シールケは敵術者の気を探り、 既に居場所を補足していた。シールケの指示に従い現場に赴こうとするセルピコに、ファルネーゼは何かを言いたげに声を掛ける。それに対し、 セルピコは皆まで言わせず「さっさと済ませて戻って参りますので」と言い残して風と共にその場から消えて行く。居残ったガッツは「ま、 回復を図るにゃ丁度いいか」とぞんざいに言い捨て、妖虎の群を片っ端からなます切りにしていくのだった。



 またもや一週間遅れの更新ですー。
まぁ、今回は取りたてて書くこともないんですが(笑)。
ドラゴン殺しを振り回すガッツに喫驚の図が、なんだかやけに新鮮です。
いや、至って普通の反応なんですけどね(笑)。
しかし、妖虎の次は鉄塊を無造作に振り回す怪人登場、
更にはエアーウォークを決める人間まで出現と
現場の人々はもう何がなんだかさっぱり分からんといったところでしょう。
その中でもガッツの勇姿にファルママのアンテナが反応した模様。
うーん、この後セルピコと共に一絡み(勿論からかい風味で)ありそうな感じですなあ。

反応と言えば忘れちゃいけないオーウェン卿。
姿格好は変わっても、やはり思い出しそうですね、こりゃあ。
まぁ、仮に正体を問い質しても、ガッツは黙して語らないでしょうが。
しかし、この一件はガッツが歴史の表舞台に出てくる布石になるのかもしれません。
どう転がるのかは未だわかりませんけど。

とりあえずアレだ。
マカラみたいな弩級の魔道生命体登場!
街が崩壊し始める中、新鷹の団登場!
みたいなことにならなけりゃいいですけどね。
この現状をどういう形で収束させるのか、ちょっと楽しみです。

posted by 仙道勇人 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | ベルセルク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。