2004年11月26日

「ハウルの動く城」を観る

働きづめで精も根も尽き果てているところに、トラブルはやって来る。
あぁ、まさに泣きっ面に蜂とはこのこと。
でもなぜかショックとかそういう感情的な動きがなく、
他人事の如く事態を淡々と受け止めている自分がいて。
――と、ここまで書いてちょっとヤバいぞと気がついた。
ヤレヤレだ……。

で、時間が空いたので今年のアニメ映画ラッシュの取りを務める
宮崎駿の「ハウルの動く城」へ。
事前情報では試写の際、
木村拓哉のアテレコが下手すぎて営業が顔面蒼白になった
とかなんとかとまことしやかに言われていましたが、
殆ど違和感を感じさせることなく、きちんと声が出せてたので一安心。
やはり、膨大なステージをこなしているだけあって、
きちんとしたボイトレをしているのだろうなあ。
その一方、声がダメダメだったのはヒロイン役の倍賞千恵子。
やはり声に若々しい張りがないのよね。
でもまぁ、近年の宮崎アニメって声優のキャストが妙なことになるのが常なんで、
その意味では変に破綻もなく無難なラインにまとまってた印象。

で、内容なんですが、これはっきり言っちゃうと、
ある意味で宮崎駿流の「セカイ系」ですな。
ただ、今回は表層描写で絶妙な表現と舌足らずな部分が混在してて、
物語の骨子はわかるんだけれども、
観終わった後にごわごわした消化不良感が残る作品になってしまってる。
観終わった後に突き抜けるような爽快感は正直ないのだけれど、
まぁ、観てて楽しかったのでよしとしよう。
それにしてもアニメとCGのバランスはこの位が一番良いと個人的に思う。

この記事が気に入っていただけましたか?よければ 人気blogランキング クリックお願いします!

posted by 仙道勇人 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | 劇場鑑賞報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


■映画「ハウルの動く城」は、加藤治子が勿体ないぞ〜と、ボヤいてみる。
Excerpt: 映画「ハウルの動く城」を見て思った事。木村拓哉の声、いいやないかい。 映画「2046」では見たくもない、と顔を背けた。王家衛監督の前作「花様年華」を引き摺った新作「2046」が基本に持つリズムを..
Weblog: ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY
Tracked: 2005-01-10 04:01

ハウルの動く城
Excerpt: 【好感度】 46% ふたりが暮らした,動く城
Weblog: シネマの実
Tracked: 2005-01-19 11:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。