2005年01月15日

「ボーン・スプレマシー」を観る

昨日は「ボーン・スプレマシー」の試写へ。

マット・デイモンと言うと、もうずっと以前から「=ジミー大西」という定式が頭から離れない(ファンの人失礼)んだけど、 今回の彼はちょっと違う。
ぶっちゃけた話、前作ではジミー大西の顔が到るところでオーバーラップして、笑うところではないのに半笑いになってしまったのだが、 今回スクリーン上に現れた彼は、その鍛え抜かれた肉体といい精悍な顔つきといい、 もうジミーなんて呼ぶわけにはいかない堂々としたものとなっていた。
ストーリーは単純明快。自分の代わりに殺された恋人のマリーの復讐と真相の究明。
このシンプル極まりない物語を、手に汗握るサスペンスと血湧き肉躍るアクションのてんこ盛りで畳み掛けるように描いとります。

とりあえず何が凄いって中盤からラストに到るまでのジェイソン・ボーンと敵との攻防戦ね。
余りにもハイレベルな攻防が平然と繰り広げられているんで、正直に告白すると、何が起こってるのかついていけない部分がチラホラ。
でも、何が起こってるのかよくわからないながらもスリル&サスペンスは体感的に感じられるという、まさにマジックのような演出の連続なのだ。
ただ、ストーリーはその分等閑になっている感じ。
この作品は「殺された恋人の復讐」と「自身のアイデンティティーの追求」という二つの軸を同時に処理しているんだけど、 これがどっちにも軸足を置き切れておらず中途半端なんだよなー。
特に話の発端に「恋人の殺害」というメロウなエピソードを持ってきている割に、以降は「自身のアイデンティティーの追求= 『トレッドストーン計画』の真相解明」にひた走っていく感じ。
「マリーが、マリーが」とことある毎に恋人のことに触れるのはいいんだけど、やってることはあくまでも自身のアイデンティティーの追求で、 マリーのことは付随事項に過ぎない感じがありあり。
そりゃあ、クールで孤独な漢のハードボイルドな物語だし、この脚本もアリと言えばアリだろうけどさ、なんと言うか冷徹すぎるんだよね。
ハードボイルドな人物像の魅力って、一見冷徹な中にもその人物独自の弱さというか人間臭さが仄見えるところにあると思うんだけど、 本作のジェイソン・ボーンはその人間臭い部分の見せ方/滲ませ方が下手くそなんだと思う。
だから、結局本作を観終わっても彼の行動原理ってのが全然見えてこない。や、「自分の正体を知りたい」ってのはよくわかるんだけどさ、 これだけじゃ普通の人はピンとこないだろうから、どうしても深いところで彼に共感することができないという……。
まぁ、アクションは超一級なんで、それだけでも楽しめる作品になってはいるんだけど。
それだからこそ、ラストにもっとカタルシスが欲しかったなーと思うのは贅沢すぎる要望なのかな。

それはともかく、本作は冷戦時代を舞台にした原作を現代にアレンジしているのだけど、 そう言われなければわからないくらいなかなか手堅いアレンジが施されていて、イイ感じ。(以下ネタバレ)
でもさ、二年前に足を洗ったエージェントが、 携帯っていう最先端のハードに精通しているってのはどう考えてもありえないよね。 iモードしか知らないような奴がFOMAをハッキングなんてできるわけないじゃん!

ボーン・ スプレマシー 2004 アメリカ
監督:ポール・グリーングラス
原作:ロバート・ラドラム
脚色:トニー・ギルロイ
出演:マット・デイモン フランカ・ポテンテ ブライアン・コックス
    ジュリア・スタイルズ カール・アーバン ジョアン・ アレン他

この記事が気に入っていただけましたか?
よければ 人気blogランキング クリックしてもらえるととても励みになりますので是非に

posted by 仙道勇人 at 21:19 | Comment(4) | TrackBack(19) | 試写報告
この記事へのコメント
お久しぶりです。
そうなんです!人間臭さがないんですよ!上手く書けなかったなかったのですが、それが入りきれなかったとこでした。
Posted by カヌ at 2005年02月19日 20:16
脚本の狙いとしてはラスト間際のあのシーンで人間臭さ(失われていた人間性の回復)を出そうとしたんでしょうが、完璧にすべってますしね。
まぁ、あのアクションシーンの歯切れのよい演出だけでも見応えあったので、まぁいっか……。
というところです、私は。
Posted by 仙道勇人 at 2005年02月19日 20:25
サル顔ですね。でも味があっていい顔だと思います。
二作目も結構楽しめたので、最終章にも期待します。
Posted by bakabros at 2005年03月12日 09:27
それにしても最終章はどうやって始めて、どこに着地させるつもりなんですかね。
『トレッドストーン計画』自体、もう過去の話として処理されちゃってるみたいですし。
個人的に、自分も最終章には興味あります。
Posted by 仙道勇人 at 2005年03月12日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


試写会:ボーン・スプレマシー
Excerpt: 12/15(水):久々にアメリカらしい映画を観て来ました。 2年前に公開された”ボーン・アイデンティティ”の続編、”ボーン・スプレマシー”。 テンポがとても良かった!最初から引き込まれずには居られま..
Weblog: ::あしたはアタシの風が吹く::
Tracked: 2005-01-20 14:33

ボーン・スプレマシー 2本目!(試写)
Excerpt: KAZZのこの映画の評価 久々にパート2で、面白い映画に巡り逢えました 今年の2本目は、マット・デイモン主演”ボーン・スプレマシー" 前作”ボーン・アイデンティティ”を見に行って、面白い..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2005-01-20 17:19

【ボーン・スプレマシー】
Excerpt: マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ブライアン・コックス、 ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン、ジョアン・アレン 出演のサスペンスアクション。 公開日:2005年正月第二弾 ☆ス..
Weblog: ココアのお部屋
Tracked: 2005-01-21 00:28

愛の終わりは、戦いの始まり
Excerpt: 2005年に入って、初懸賞はマット・デイモン主演の「ボーン・スプレマシー」の試写会です。 記憶を無くした凄腕の元CIAエージェントであるジェイソン・ボーンの活躍を描いたスパイ・アクション映画。 ド..
Weblog: ともやの確率への挑戦
Tracked: 2005-01-21 12:32

ボーン・スプレマシー
Excerpt: ボーンつぇぇー。「こいつ、絶対に死なない」って安心しきって意識がところどころ途切れています。まともな感想はムリなので、世界のチラシの画像をお楽しみください。
Weblog: amapola
Tracked: 2005-01-21 16:48

ボーン・スプレマシー
Excerpt: 昨日はお友達と「ボーン・スプレマシー」の試写会に行ってきた。 前作「ボーン・アイデンティティ」の続編。マット・デイモン主演。 いや〜面白かった! しっかりアクション映画なので、大画面で見るとよりいっ..
Weblog: Aloha Days
Tracked: 2005-01-21 18:16

ボーン・スプレマシー【試】 ??マット・デイモンを捕まえろ!!??
Excerpt: 前作「ボーン・アイデンティティ」でおなじみのナイスマッチョモンキーのマット・デイモンが走り回る「ボーン・スプレマシー」を試写にて鑑賞。 いやぁ??・・・スゴイ。とにかくスゴイ。 見る者に息をさ..
Weblog: シネマンボウ
Tracked: 2005-01-22 14:38

思考速度と判断の限界 『ボーン・スプレマシー』
Excerpt: 主人公視点のカットはその思考速度も反映する。 スパイの平均IQは知りませんが、主人公ボーンの思考速度は半端じゃない…つまり、この映画の情報量&速度を捉えるのは至難のワザというコトです。 とにか..
Weblog: しろの木
Tracked: 2005-01-27 01:21

思考速度と判断の限界 『ボーン・スプレマシー』
Excerpt: 主人公視点のカットはその思考速度も反映する。 スパイの平均IQは知りませんが、主人公ボーンの思考速度は半端じゃない…つまり、この映画の情報量&速度を捉えるのは至難のワザというコトです。 とにか..
Weblog: しろの木
Tracked: 2005-01-27 01:22

映画:「ボーン・スプレマシー」
Excerpt: これは「ボーン・アイデンティティーThe Bourne Identity」の続編。前編を見た時は緻密なストーリーと緊張感のあるアクションの感激した。記憶喪失したCIA暗殺者Bourneは自分の過去を探..
Weblog: [R]Richstyles!
Tracked: 2005-01-28 01:52

ボーン・スプレマシー
Excerpt: ジェイソン・ボーンの自分探し第二話
Weblog: AV(Akira's VOICE)映画,ゲーム,本
Tracked: 2005-02-11 18:53

『ボーン・スプレマシー』
Excerpt: 2004年 アメリカ 〔監督〕ポール・グリーングラス 〔主演〕マット・デイモン さっそく観てきました。「ボーン・アイデンティティー」から2年ぶりの続編。 前作に比べると、哀しみが盛り込まれてい..
Weblog: カラフルデイズ。
Tracked: 2005-02-13 13:15

『ボーン・スプレマシー』
Excerpt: ■監督 ポール・グリーングラス ■原作 ロバート・ラドラム ■製作 フランク・マーシャル ■キャスト マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-02-13 22:47

ボーンスプレマシー
Excerpt: ハリウッドならではの痛快スパイアクション映画。なにも考えず楽しみました。 ジェッ
Weblog: Marさんは○○好き
Tracked: 2005-02-14 23:06

悲しい眼差しで人を殺す、何故だと問いながら
Excerpt: 「ボーン・スプレマシー」★★★★ マット・デイモン主演 前作を予習していくべき。 何故なら前作の謎の部分が、 今回明らかにされ、また主人公の 苦悩は前作を見ていると余計と 強くこちらに..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-02-15 18:27

「ボーン・スプレマシー」
Excerpt: 見た目がCIAのエリートには見えない、全体的に地味すぎて、前作「ボーン・アイデンティティ」はあまり好きでなかったけど、紹介編の前作と比べ、テンポ良くて見応えもあったと思う。全くの続き物で登場人物もダブ..
Weblog: the borderland
Tracked: 2005-02-19 20:10

「ボーン・スプレマシー」
Excerpt: マッド・デイモン主演の「ボーン〜」シリーズ第二弾。 なんじゃ「〜プレマシー」って・・・車の名前みたいーーーー。 と思っていたら、「スプレマシー」でした。 それでも「スプレマシー」って何っ?なひらりん。..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-02-23 04:09

マット・デイモンにアクション賞!「ボーン・スプレマシー」
Excerpt: *ネタバレしてます。そして前作「ボーン・アイデンティティ」を観てない人もご注意下さい* 前作「ボーン・アイデンティティ」が意外に結構面白かったので、続く二作目も観てみる。 前作はハッピーエンドだっ..
Weblog: 試写会帰りに。
Tracked: 2005-03-12 09:24

ボーン・スプレマシー - The Bourne Supremacy -
Excerpt: ボーン・スプレマシー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD] 「ボーン・スプレマシー - The Bourne Supremacy -」 感想 パメラ・ラ.....
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-04-11 08:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。