2005年04月07日

「ベルリン、僕らの革命」を観る

しかし、すっかり桜が色づいてるんだなぁ。
確か昨日まではまだ殆どがつぼみだったはずなんだが……。
うーむ、早く撮りにいかないと散ってしまいそうだな……。
でもやること山積なんだよなー(涙)。
てなことを、京橋にあるメディアボックス試写室に向かう電車の中で思った昨日。
今日も昼にはすっかり暖かくなってるから、
うちの近所は桜色に染まってるんだろうな。

さて、昨日鑑賞した「ベルリン、僕らの革命」ですが、
これがなかなかよい出来映えの作品で、
青春のキラキラするようなまぶしさを放つ佳作に仕上がってました。

物語は、昼は学生だが、夜になると資産家の邸宅に忍び込んでは
住人の度肝を抜くような悪戯だけをして去っていく
「教育者(エデュケーターズ)」として暗躍するヤンとピーター。
それは金持ち優遇社会に対する、彼らなりのレジスタンスだった。
警察の捜査は難航しており、
万事が彼らの思惑通りに進んでいくように思われた。
が、ピーターの旅行中に、彼の恋人ユールが
アパートの立ち退きやバイトの不当解雇に直面、
落ち込む彼女を励ます為にヤンは自分達が
「エデュケーターズ」であることを打ち明けてしまう。
その事実を知ったユールは、とある理由で彼女を苦しめる
資産家の邸宅で悪戯することを提案、
渋るヤンと共に見事に悪戯を成し遂げ、二人の仲は急接近する。
しかし、二人は小さなミスを犯したことに気がつき、
それが原因でピーターを巻き込む誘拐事件へと発展してしまう――。

――といった感じで、恋あり、友情ありの三角関係が、
これでもかってくらいに青春しまくりの映画になっているんですな。
勿論、設定の幾つかには詰めの甘さが感じられるし、
かなり荒削りの作品であることは否めないんだけれど、
作品から若々しい勢いがすんごく感じられるんですね。

ドイツ映画って言うと重苦しいとか観念臭い
といったイメージであんまりよろしくないのかもしれないですが、
この作品はそういったドイツ映画の持つ悪いイメージを
実に軽やかに払拭してみせとります。
多分上記のようなイメージを抱いていた人が観たら、
本作が描き出す、したたるような青春の瑞々しさに
ちょっとドキドキしてしまうかも。

それでいて、本作はドイツ映画らしい観念性も
手抜かりなく描かれているんですから、これはもうちょっとした驚き。
しかもそれが実に自然なんだなあ。
大体、今の日本のご時世で、真面目な顔で


革命が必要なんだ

なんて語れる青春映画がありますかい?
この映画では、三人の若者が実に真面目に社会と対峙して、
彼らなりの答えを手探りで見つけ出そうとしている姿が
描き出されていて、小憎らしいほど眩しいったらありゃしない。

しかも、単に世間を知らないモラトリアムの学生の話に留めずに、
彼らが誘拐することになってしまう資産家が実は
「学生時分には左翼学生組織の幹部」だったことから、

理想と現実の対立、富者と貧者の対立

といった現実社会の構造的な矛盾を実に巧みに
議論させてみせるんですな。議論ですよ、議論。
物語の中で当たり前のように議論するなんて
垢抜けないことを平然とやってのけ、
それがまたちゃんと画になっている。
これをちょっとした事件と言わずに、
何を事件と言ったらいいのだろう。
とにかくこの作品からは、これまでのドイツ映画に見られなかった
新しい息吹きがひしひしと感じられるのは確か。

この作品に溢れた言いようのない疾走感が
単に本作の監督ハンス・ワインガルトナー固有のものなのか、
はたまた「ドイツ映画」全体の胎動の表れなのか、
暫く目が離せそうにないですな。かなりお勧めです。

ベルリン、僕らの革命 2004 ドイツ=オーストリア
監督・脚本:ハンス・ウェイン・ガートナー
出演:ダニエル・ブリュール ジュリア・ジェンチ スタイプ・エルツェッグ
    ブルクハルト・クラウスナー 他
公式
2005年4月29日、bunkamuraル・シネマほかにて全国ロードショー公開

posted by 仙道勇人 at 14:44 | Comment(6) | TrackBack(11) | 試写報告
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました。
私の方でダブってTBしてしまったようです。
ご迷惑をおかけいたしました。
一方を削除していただければ幸いです。

一方、最近ドイツ映画が元気ですね。
これからもどんどんドイツ映画の良い作品が出てきてほしいものです。
Posted by culty at 2005年06月06日 11:20
cultyさん、いらっしゃいませ!
TBは削除しておきました。

ドイツ映画が元気なのは、「日本におけるドイツ年(2005/2006)」と何か関係あるんでしょうかね?まぁ、単なる偶然なのでしょうが。
でも色々な国が独自のカラーの映画を携えて出てきてくれると観る側としては楽しくていいですよね。
Posted by 仙道 at 2005年06月06日 12:24
はじめまして。

映画観ました。ああいった空気の映画が好きだったのですが、初めは情報誌などでストーリーを読んでも面白そうに感じず観る予定がありませんでした。しかし、映画館で予告編を観て「いい!」と、速観に行ってきました。やっぱよかった。「ハレル〜ヤ、ハレル〜ヤ〜」の曲もすごい印象的でよかったです。帰り道もしばらく鼻歌してました。劇場でもサントラが売られていました。買おうかしばらく迷っていましたが結局その時は買いませんでした。でもやっぱ買おっかなぁ。買お。
Posted by サクラ at 2005年06月12日 02:26
サクラさん、いらっしゃいませ!

予告編でいいなあと思った作品が、予想通り良い作品だと凄く嬉しいですよねえ〜。
サントラは思い立った時に買っちゃった方が良いかもしれんですよ。
下手すると二度と手に入らないなんてことにもなりかねないですからねぇ。
思い切って(σ・∀・)σゲッツ!!
Posted by 仙道 at 2005年06月12日 10:32
 初めまして!ずっと気になっていたこの映画を観ました!   見終わった後は何となく微妙・・と思いましたが、時間が経つといいかな・・なんて思ってきました。ところで最後の終り方がよく分からないのですが・・あれはどう言った意味なんでしょうか?
Posted by ちづる at 2005年12月17日 10:28
ちづるさん、いらっしゃいませ!

最後の終わり方が分からないとのことですが、結局、友情が芽生えたかに見えた資産家は、エデュケーターズを裏切って官憲に売ったわけです。しかし、エデュケーターズ達の方が一枚上手で、資産家の行動を読んで見事に出し抜いてみせた、ということですよね。

私見ですが、権威(本作では資産家が体現)を疑う姿勢こそが若者を若者たらしめている、ということかと思います。

本作の資産家のように、多くの「若者」は現実を知り、現実に妥協することでいつしか「若者」ではなくなっていくものですが、エデュケーターズ達はそんなことにはならないさ、と「若者」の主張を貫いた、といったところでしょう。
Posted by 仙道 at 2005年12月17日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: ------『ベルリン、僕らの革命』? これって現代(いま)のことだよね。 「そう。でもその中で語られるのは資本主義の弊害。 かつて世界的に火がついた学生運動の時代を 思い起こさせる映画となっていた」..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-04-07 20:11

CAC映画評:ベルリン、僕らの革命(4/29公開)
Excerpt:  BBC.CO.UKで、『グッバイ、レーニン』にも出演していたヤン役ダニエル・ブリュールの録音インタビューが聴ける。「ジャーマンシネマは徐々に質を上げており、若い世代も映画学校に行って学んでいる。ドイ..
Weblog: 言語生活
Tracked: 2005-05-02 13:37

ベルリン、僕らの革命 ドイツの現代社会に疑問
Excerpt: 革命の情熱を持つヤンと親友のピーターはエデュケーターズというチームを組み活動をしている。金持ちの留守宅に侵入して、イスを積み上げるなどの模様替えをするもの。金持ちばかりが優遇される社会への抵抗運動だ。..
Weblog: NOCTILUX STUDIO
Tracked: 2005-05-03 02:17

ベルリン、僕らの革命
Excerpt: 「ベルリン、僕らの革命」 「グッバイ、レーニン」で一躍スターに躍り出たダニエル・ブリュールの2004年の作品。この俳優は、トレインスポッティングでブレイクしたユアン・マクレガーと似た雰囲気という..
Weblog: 単館ロードーショーを追え!
Tracked: 2005-05-12 17:24

心理戦に最後まで引き込まれる◆『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: 5月25日(水)名演小劇場にて 「何か、難しい話だったね。革命とか、よく分からないし」 映画が終わった瞬間、私の近くに座っていた大学生風の女の子が、連れの男の子に言っていた。 そんなに難しい..
Weblog: 日々の記録と、コラムみたいなもの
Tracked: 2005-05-27 03:15

ベルリン、僕らの革命 /やっぱりメルヘン?
Excerpt:   (ネタバレ注意!!)  世界中の若者へのメッセージを込めた、辛口のラブ・サスペンス。手持ちカメラの揺れが、若者の不安感を的確に表現、破滅を予感させる映像だが、暗い感じはしない。  「富裕層に恐怖..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2005-06-03 12:22

『ベルリン、僕らの革命』の本音と建前
Excerpt: 実は先週末まで約1週間、有楽町マリオンでひっそり「ドイツ映画祭」が開催されていた。すでに日本でも昨年公開された『飛ぶ教室』や『グッバイ、レーニン!』といったヒット作、日本未公開作が何本も上映されていた..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-06-15 21:07

『ベルリン、僕らの革命』。「革命」は永遠の幻にして、「資本家」への道のりは果てしなく遠い……!!
Excerpt: ☆自分はもう若くない、いや、まだ若いって。 だが、大事ななにかを忘れてしまったのは事実。 「喪失感」が痛い「青春映画」の傑作と言わざるを得まい。 "彼らの今は、あなたが純粋だったあの頃" ..
Weblog: 東京無重力アワー'05
Tracked: 2005-06-28 03:32

NO.115「ベルリン、僕らの革命」(独/ハンス・ワインガルトナー監督)
Excerpt: レジスタンスを「アート」する、繊細な若者たち。 ドイツからは実に11年ぶりにカンヌ出品作だという。まず、そのことに、驚き。日本人の幸福な錯覚かもしれないが、今村昌平監督以来かもしれないが、日本映画は..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2005-11-29 20:06

ベルリン、僕らの革命
Excerpt: ベルリン、僕らの革命 The Edukators 2004年 ドイツ・オーストリア  理想主義者のヤンは、親友のピーターと暮らしている。ピーターの恋人、ユールの引越しを手伝ったヤンは、彼..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2005-12-24 01:36

映画『ベルリン、僕らの革命』
Excerpt: 原題:Die Fetten Jahre Sind Vorbei/The Edukators 金持ちを優遇する社会に対して不満を持つ若者達のささやかな反抗、そして三角関係から裏切りと友情、彼等の行き着..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-07-01 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。