2005年07月24日

ベルセルク第259話『妖虎』

父親の面前で犯した失態をマニフィコが誤魔化そうと躍起になっていた頃、深い霧が舞踏会場全体をすっぽりと覆い尽くそうとしていた。 会場で談笑していた諸侯の一人が、立ちこめ始めた濃霧の存在に漸く気づいたその時、不意に突風が会場に吹き込んでくる。窓は破れ、 燭台の明かりも全て吹き消され、俄に漆黒の闇が会場内に落ちた。隣人の顔すら満足に見えない暗闇の中で、 何かを咀嚼するような不気味な音が響き渡り、婦女子の中には生暖かい飛沫をその身に受ける者もあった。そこに新しい灯りが到着し、 闇に包まれていた会場を照らし出す。

そこで人々が見たのは、一体の獣――獅子とも虎ともつかぬ怪物が、人間を喰らう姿であった。 突如現出したそのおぞましい怪異の光景に人々はパニックに陥り、と同時に妖虎による殺戮が開始される。 阿鼻叫喚の坩堝と化した会場から我先に出口に殺到する人々の中で、ただ一人ファルネーゼだけがその正体を見抜いていた。 「間違いない!!あれは幽界に関わりのあるものだ!!」

妖虎がこちらに向かってくるのを見て取ったロデリックは、ヴァンディミオン当主とマニフィコを守るべく、 剣を抜き放って迎撃態勢を取る。それを見たファルネーゼは、咄嗟の判断で手近なところにあった銀の燭台を手にし、 向かってくる妖虎に敢然と挑みかかっていく!無謀としか思えないファルネーゼの行動に、思わず呆気にとられる一同。しかし、 圧倒的な膂力を見せる妖虎の前に、ファルネーゼは振り回され床に倒されてしまう。 ドレスが邪魔をして思うように動けないところへ襲い来る妖虎に対して、ファルネーゼはもはや観念して目を閉じることしかできない。 ――その瞬間、彼女の背後から一陣の疾風が巻き起こり、次にファルネーゼが目を開けた時にはセルピコの腕の中にいたのだった。

「申し訳ありません。道案内を頼まれまして、少し席を外していましたもので」こともなげに言って、 ファルネーゼに優しく微笑みかけるセルピコ。妖虎は突然現れたセルピコに注意を向けるが、背後に現れたもう一つの存在に気がつき、 反射的に振り返る。そこにはシールケ等を従えたガッツの姿があった。状況を即座に見て取ったガッツは、「どうやら宴も酣ってところか」と不敵に言い放つのだった。



さてさてお待ちかねの本編再開です。
妖虎の襲撃を受けて騒然となる中、ガッツ一行の到着。
失態を演じてしまったマニフィコとしては、絶妙のタイミングです(笑)。
生き延びれば今回の失態はチャラにできそうなんで、マニフィコ君よ、頑張ってイ`!
まぁ、二大剣士がいるんで、
後続の新手が現れるとかそんなことでもなければ、
彼が頑張ることもないんですが。

それにしても今回のセルピコもかっちょええですなあ。
ファルネーゼとキャスカがトロールに拉致された時は
怪我により動けなかったセルピコにとって、
今回は雪辱を晴らしたといったところでしょうか。
状況が全く異なるとはいえ、
ややきわどい形で救出に駆けつけたガッツに較べると、
想い人を救出したセルピコの姿はあくまでも華麗でスマート。
まるっきり王子様ですよねー。
なんだか睫が1.5倍ほど長くなっているような気がしますし(苦笑)。

次回はガッツ×セルピコの剛柔タッグによるVS妖虎戦ですが、
この二人相手となるといかに妖虎と言えども役不足でしょう。
まぁ、瞬殺なんてことにはならないとは思いますが、どうなんでしょうね。
でも、これでヴァンディミオン当主にとって
ガッツは命の恩人ということになるんで、エルフヘルム行きは安泰ですな。
軍艦で送迎なんてことも夢じゃないかも?!

(以下、妄想)
となると、ファルネーゼの想い人がガッツであると知ったロデリックが
送迎志願なんつう展開になって、一行に加わるなんてなことになったりして。
嗚呼、ますます複雑化する人間模様w
でも、ロデリックは妖虎に臆することなく立ち向かおうとするあたり、
胆力も十分あるし、ホントに良い仲間になりそうなんだよなぁ。
位置付けとしてはジュドーっぽい感じだし。
おぉ、これでアザンが合流すればピピンの位置付けになりますな。
コルカスは……マニフィコ君だっ(笑)。
まぁ、流石にマニフィコが同行するなんてことにはならんでしょうが。

それにしても今後あるだろうグリフィスの動向が気になりますね。
すんなりとエルフヘルムへ出立できるとは考えにくいですし。
うーむ、どうなるんでしょうねえ。

posted by 仙道勇人 at 06:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | ベルセルク
この記事へのコメント
どうもです〜。
ガッツ達が間に合ったので、なんとかマニフィコ君大丈夫かしら?と期待してます。
私もエルフヘルムへはロデリックの船で送ってもらえたら良いのにと思ってます。
ファルネーゼを巡って複雑な人間関係がどう展開するか、見物ですね〜。
Posted by 楽師 at 2005年07月26日 09:19
薬師さん、こんばんは!
やはりエルフヘルムへはロデリックの船で送ってもらいたいですよねー。何せ艦長さんですから、多少のわがままも聞いてもらえる(笑)。
ファルネーゼを中心にした変則四角関係+1(シールケ)が本当に楽しみですが、個人的にもっと楽しみなのはガッツとロデリックの対話なんです。
なんとなくガッツと友情を結べるのってロデリックくらいなんじゃないのかと思ってるんで。
Posted by 仙道 at 2005年07月27日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


#259 - 妖虎
Excerpt: #259 - 妖虎
Weblog: BERSERK weBLog
Tracked: 2005-07-24 20:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。