2005年10月20日

ベルセルク第263話『妖獣侵攻』」

 ヴリタニスの街中は、突如火の手が上がった港へ向かう住人と衛兵とで騒乱状態となっていた。その混乱に乗じて、 クシャーンの妖獣部隊が霧の中からそのおぞましい姿を現し、人々を無差別に殺戮していく。クシャーンによる侵攻が開始されたのだ。 今や至るところで発現し始めた怪異によって、市中は阿鼻叫喚の巷と化しているという報せが、首脳陣の集う舞踏会場に続々と届けられていた。 先ほど会場を襲った怪異が幻覚などではなかったことを知った人々の間に改めて動揺が走る中、 ガッツ一行はクシャーンの襲撃によって船が焼失してしまうことを懸念し始める。

 そんな彼らの様子を察したロデリックは、行き先次第では力になれるかもしれないと申し出る。「――スケリグ島です」 ロデリックはシールケの答えに暫し思案してから、一行を自船に乗せることを快く引き受ける。ロデリックはガッツと手短に挨拶を済ませるや、 出帆前に船が燃えては話にならないからと直ぐさま一行に出発を促し、近くにいたマニフィコにも「ヴラージュに戻るのなら乗せてってやる」 と声を掛ける。図らずも失態を演じたマニフィコは、ヴリタニスに残ることは得策でないと判断し、不承不承同行を希望するのだった。

 一方、首脳陣と対策を講じていたヴァンディミオンは、立ち去ろうとするガッツ一行の姿を見つけ、 その場に留め置こうとするが思うに任せない。結局、ファルネーゼは父とはろくな挨拶もせぬままの慌ただしい別れとなった。が、 母親の方は去りゆく彼女の背に旅の無事を願いながら、心密かに送り出す風情なのであった。

 宮殿を出た一行は、騒擾状態に陥っている市中の状況を見て取り、馬車ではなく徒歩で港まで向かうことにする。が、 その前に動きにくいドレスを着替えたいというファルネーゼの望みを受けて、近くの仕立屋に忍び込む。その間、ガッツは一人見張りに立つが、 その彼に「……もし、御尋ねする」と言って近づく人影があった。それはミッドランドの貴族、オーウェン卿その人だった。 オーウェンはガッツに静かに問いかける。「そなたもしや、鷹の団の斬り込み隊隊長では?」と――。


 

後れ馳せながら……
 キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
今回は色々と動きがあって楽しいですなあ。

まずその一。
ロデリックの「惚れた女の手前」理論発動ーーーーっ!!
やっぱり彼がエルフヘルムまで連れてってくれるんだっ!
ナイスガイだぜ、ロデリック! さすが海の男w
軍艦ならちょっとした敵くらいならびくともしないだろうし、
エルフヘルムまで安泰といった所っすかね。
こうなってくると「軍隊色に染まっていない副官」
(艦長のロデリックを「お頭」とか呼んじゃうようなw)みたいな、
更なる海の男キャラ登場希望!
ベタだけど好きなんだよぅぅぅ。
ただ、以前登場した海賊が放置されてるのが気になりますね。
捨てキャラとも思えないし、どこかで接触しそうな気がするんだけど。
あと、イーノック村の爺さん譲りのイシドロの剣、
アレは元々船乗り仕様の得物だったはずなんで、
船旅の間にこっそりレベルアップとかもあるのかな?

次にその二。
マニフィコが同行するのかっ!
これは全く予想外の展開。
腕力も知力もないあるのは野心だけwのマニフィコ兄さん。
絶対足手まといだけど、一応シニカルなリアリストっぽいキャラでもあるし、
一行の「生き証人」みたいな役どころを負うことになるのかな。
なんだかんだ言って、ゆくゆくはファルネーゼの後ろ盾になってくれそうな気がするし。
でも「ヴラージュ」までのつもりがなぜか……
みたいな更なる巻き込まれ型の展開になったら愉快かも。
まぁ、あの困った顔は毎度楽しませて貰ってますけどねw

それにしても、そろそろ公式の世界地図が欲しいなぁ。
地理と地政学関係が全く把握できないや。
ロデリックがまさか帰路のついでに乗せてってくれるとは思いもしなかったしなあ〜。
てゆーか、外洋経由で帰るイースってどの辺りに位置するんすか。

最後、その三。
てゆか、今回最大の魅せ場ざんす!
やはりオーウェン卿、ガッツのこと思い出してたよーーーーっ。
まず間違いなくガッツはしらを切るでしょうけど、
寧ろ、ここではガッツと遭遇したことの方が重要かと。
多分、この後クシャーン軍を放逐する(はず)の
グリフィスとの邂逅も待っているでしょうし、
うはーーー、次号が待ち切れないっ!!

posted by 仙道勇人 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | ベルセルク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8384572

#263 - 妖獣侵攻
Excerpt: 深い霧に覆われるヴリタニスの市街地では、至る所に妖獣兵(ピシャーチャ)が現れ、人々を恐怖に陥れる。同じ頃、炎上する港を鬼兵(ダーカ)の軍団が席捲していた。
Weblog: BERSERK weBLog
Tracked: 2005-10-25 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。