2004年10月30日

「クリスタル・ボイジャー」

昨日は、ではなくてもう一昨日ですが、
伝説的サーフ・フィルムとして知られる
クリスタル・ボイジャー」の試写へ。

サーフ・ムービーの傑作と言えば
「エンドレス・サマー」の名前がすぐ挙げられるわけですが、
実はこの「クリスタルボイジャー」は
「エンドレス・サマー」と並び称されるほど有名な作品らしいです。

なんで「らしい」のかと言えば、
1972年製作の作品でありながら、
日本ではずっと未公開のままだったんですね。
なわけで、多分殆どの人は本作の名前を聞いたこともないんじゃないかと。
確かに、これまではたとえ一本筋が通っていたとしても
「ドキュメンタリー」というだけで客が呼べないとして
敬遠される雰囲気がありましたから、
これまで日本で公開されなかったのもむべなるかなといった感じ。
でも、良い方向に風向きが変わりつつあるみたいで、
こういう良作の配給に熱意を持っている
独立系配給さんに頑張って欲しいです。

で、作品なんですが、本作の最大の特徴、
と言うか、見どころはラスト23分に尽きます。
この作品は、

サーファーが気持ちよさそうに波乗りしている 

という従来のサーフ・ムービーとは一線を画した領域に踏み込んでいて、
はっきり言ってラスト23分の映像は息を呑みますぜ。
正直、30年以上前の作品であることが信じられないですよ。
そのくらい斬新。

ピンク・フロイドの楽曲「Echoes」がそのまま使われているんで、
フロイドファンは要チェックな一本であることは言うまでもないですが、
先日公開されていた「ステップ・イントゥ・リキッド」を楽しんだ人も
本作も欠かさずチェックしたいところ。

「ステップ・イントゥ・リキッド」もそうでしたが、
この作品も、と言うか、それ以上に大画面で観たい作品です。

 

「クリスタルボイジャー」
12月4日(土)よりシブヤ・シネマ・ソサエティにて
連日夜9時20分レイトロードショー

作品についてはINTROの方で詳しく紹介します。

この記事が気に入っていただけましたか?よければ 人気blogランキング クリックお願いします!

posted by 仙道勇人 at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | 試写報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


♪茅ヶ崎限定情報ですが・・・【湘南サーフィン映画フェスティバル】
Excerpt: ★ワーナーマイカル茅ヶ崎で、5月21日からサーフィン映画5本の連続上映DAYSがスタート。まさに茅ヶ崎ならではの企画!私も『ブルークラッシュ』と『クリスタルボイジャー』しか観たことないので、行ってみよ..
Weblog: 湘 南 く い だ お れ ー
Tracked: 2005-05-13 08:51

クリスタル・ボイジャー
Excerpt: 魂のエコーに染まりながら 1972年の作品、いわゆる“サーフィン映画”である。 ジョージ・グリノーというサーファー/カメラマンを追ったドキュメンタリー。いかにも、70年代的なサウンドともにグ..
Weblog: 秋日和のカロリー軒
Tracked: 2005-05-13 12:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。