2005年11月24日

「欲望」を観る

作品自体は随分前に試写で拝見していたのですが、
いろいろと忙しくてエントリーできずに公開日を過ぎてしまいました。。。

学校図書館司書の類子は、教師の能勢との不倫に溺れていた。ある日、能勢と立ち寄った小石川後楽園で、 中学時代の親友阿佐緒と偶然再会した類子は、それが縁で阿佐緒が結婚するという精神科医袴田との披露パーティに出席することになる。 そこで類子は、同じく中学時代のクラスメイト秋葉正巳に再会する。正巳は家業を継いで袴田邸の造園を手がけていたのだ。以降、 三人は旧交を温めるように頻繁に会うようになる。高校時代に遭った交通事故の後遺症で性的不能者になっていた正巳は、 阿佐緒に対する性的な憧れを口にする一方で、類子に惹かれていくのを止められない。そしてある晩、ついに正巳は類子を抱きしめるのだった…… 。

類い希な美貌を持ちながら、
一生女と肉体的に交わることの出来ない青年に対する
精神的な官能を描いたこの作品は、
小池真理子の同名原作小説を映画化したもので、
資料によると小池真理子が涙を流して絶賛したとか。
まぁ、原作者による絶賛の声なんてのは、
いわゆるリップサービスとしてありがちみたいなところがありますが、
これは強ちサービスでもないような感じがしますね。

と言うのも、この作品はかなりの部分
原作に忠実に映画化しているという印象を与えられたからなんですな。
特に台詞まわりは、ほぼ原作テキストをそのまま使っているんじゃ?
や、恥ずかしながら原作は未読なので断定は出来ないんですけども。
ただ、作品の基幹となる「三島由紀夫の世界」を
きっちり押さえた上での映像化となっているので、
原作者ならこれは相当嬉しいんじゃないかな、という気がしたのですわ。
何せ自分の書いたテキストが、人物が生身の肉体をもって
語り、嘆き、食い、セックスをしている様子を見せてくれたわけですから。

ただ、それが「映画」として成功しているかと言うと、
これは否というしかないんですよね。特に顕著なのがやはり台詞。
まぁ、要するに人物の言葉遣いが妙に思弁的で文語的なので、
非常にギスギスした、不自然で生硬な印象を与える対話になってるんですね。
主要な人物がみんなそういう話しぶりで物語が進行していくので、
観念ばかりが浮き上がった、
生身のリアリティの欠落した造形になってしまってるんです。

はっきり言って、これは映画としては明らかに失敗で、
同じ物語を描くにしても小説と映画とでは、
そのドラマトゥルギーが根本的なところで全く異なるものである
ということを証明しているような作品になってしまってるんですなぁ。
多分、文字で書かれた台詞を読む分にはそれ程違和感はないと思うんですが、
それを役者が語り出した瞬間に強烈な違和感を与えるものになってしまうという……。

でもだからと言って、本作が煮ても焼いても食えないような愚作か
というとそれはまた違うんですな。
まず一つは、やはりあからさまに三島由紀夫自身をモデルにしたと思われる、
秋葉正巳という存在と物語全体にちりばめられた三島に対するオマージュが
一応きちんと噛み合ってるんですね。
まぁ、最後はちょっと疑問を感じるところもないではないんですが、
総じて上手く処理してある。

次に面白いのが高岡早紀の昼メロチックなホラー感バリバリの存在感(笑)。
ハッと気がついたら後ろに立っていた、なんていうシークエンスは
あからさまに昼メロチックで面白いったらないんですわ。
や、役どころは結構悲痛で哀れな女で、
演技そのものはかなり酷いんですけども。

でもそんなことよりも何よりも、
本作の最大の収穫はなんと言っても

女優・板谷由夏の発見にありますね、やっぱり。

板谷由夏というと、近作では「運命じゃない人」で
不二子ちゃん的小悪魔女を飄々と演じていて記憶に新しいんですが、
本作の彼女は本当に素晴らしい。
正直、彼女の存在一つで本作を映画たらしめた、 と言えるくらい。
大胆な濡れ場が話題になってますが、
それだけに限らず全編を通じて彼女の肉体が
このどうしょうもなく観念臭のキツい脚本に
肉体的な生々しさを与えたと言っていいでしょう。
上で「生身のリアリティの欠落した造形になってしまってる」と書いたように、
他の人物とは決定的に違うものが濃密に匂い立っているんですわ
ここまで確かな存在感を発揮する女優って、
最近ではちょっと記憶になくて、
彼女無しではこの作品は成立し得ないといった感じなんですわ。
とにかく凄い。奔放で激しい性愛場面なんかも勿論ですが、
それ以外の日常的な、スタティックな場面で
ふと滲ませてみせる情感なんかは、
これぞ「女」だといった気迫というか迫力というか、
そういった根源的な部分を体現しているような確かな存在感が
画面からひしひしと伝わってくるんですよね。
物語云々より、スクリーンの彼女に本当に釘付けにさせられてしまいました。
まだまだ知名度の高い女優とは言えませんが、
この人の動向は今後も目が離せないですわ。

板谷由夏。今後の邦画に於いて
絶対に忘れてはならない人なりますぜ。
その彼女の姿を拝む為だけでも、本作は観る価値があると断言しますわ。
うーむ、ちょっと惚れてしまいましたね。

それにしても不能者であることを暗示しているのか
正巳の腰というか尻にタトゥーがあって、
それがものすっごい気になったんですが、原作にあるんですかねぇ。。。

ランキングに参戦中です。 応援のクリックをポチッと一つお願いします!!

欲望 2005 日本
監督:篠原哲雄
原作:小池真理子
脚本:大森寿美男 川崎いづみ
出演:板谷由夏 村上淳 高岡早紀 利重剛
    大森南朋 中村方隆 内田春菊 水木薫
    筒井康隆 中村久美 吉田日出子 津川雅彦 他
http://www.yokubo.jp/
アミューズCQN他にて公開中

 

posted by 仙道勇人 at 02:33 | Comment(10) | TrackBack(11) | 試写報告
この記事へのコメント
篠原監督作品って、昼メロっぽかったり、火サスっぽかったりするものが多い気がします。
私もお尻の上のタトゥが非常に気になりました。
マサミはそういうキャラじゃないよー、
それは村上淳の裸でしょう!って思いました。
村上淳の演技はすごくよかったけれどキャスティング自体は疑問でした。
Posted by かえる at 2005年11月24日 13:12
ムラジュンのタトゥーはたぶん、自前のホンモノじゃないでしょうか。奥さん<UA>も腕にいれてるから。ムラジュンは、「健康体」すぎるような気がしますが、精神も肉体も。
わたしは、好きだからいいんですが。
Posted by at 2005年11月24日 14:58
かえるさん、名無しさん、いらっしゃいませ!

>かえるさん
今回は高岡早紀だったのも昼メロ的な雰囲気を強くした要因かもしれないですね(苦笑)。
タトゥはやはり気になりましたよね。

>名無しさん
あー、あれは自前なんですか。
であれば塗り潰すとかなんか方法はなかったんですかねえ……。
ちなみに健康体の村上淳を起用したのは、ボディビルにはまっていた晩年の三島由紀夫を念頭に置いているものと思われます。
Posted by 仙道 at 2005年11月24日 21:49
TBさせていただきました。

やはり原作を飲んでいないと堪能できない映画なのでしょうか・・・。
Posted by タウム at 2006年08月16日 20:35
タウムさん、こんな半壊ブログにどうも。

原作、読んでなくてもそこそこ楽しめると思いますよ。
ただ、この作品は三島由紀夫(作品だけでなく人間像そのもの)をフィーチャーしてる作品で、それもあってか些か詰め込みすぎな嫌いがあるんですね。
描写が舌足らずと言いますか。

なので、本当の意味で堪能するには原作(とできたら三島の諸作)を読んでいた方がより楽しめるのは間違いないです。

でも、微妙にB級っぽい演出が散見されるので、
そこら辺を中心に突っ込むのも面白いですよ(笑)。
Posted by 仙道 at 2006年08月16日 21:07
Posted by 井上和香 at 2007年09月07日 09:50
バラエティでも大活躍の和香パイ 井上和香
Posted by 井上和香 at 2007年09月17日 22:39
スレンダーなメリハリBodyが魅力です 大城美和
Posted by 大城美和 at 2007年10月09日 11:00
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:23

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年03月14日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9731511

板谷由夏 今年一番の濡れ場を演じる女 (ゲンダイネット 22日10時00分)
Excerpt: 板谷由夏 今年一番の濡れ場を演じる女 公開されたばかりの映画「欲望」で、 板谷由夏さんが、 大胆な濡れ場を演じています。 小池真理子さんが原作です。 欲望 板谷由夏ちゃんの..
Weblog: *****キーワードランキング ニュースブログ*****
Tracked: 2005-11-24 12:38

板谷由夏 今年一番の濡れ場を演じる女
Excerpt: ゲンダイネットの「板谷由夏 今年一番の濡れ場を演じる女」をみて、板谷由夏(30)って誰?って思ってしまいました。 調べたら「温泉へ行こう5」で、主役の薫のライバル役だった方ということで、顔と名前が一..
Weblog: 好き好き!芸能ニュース
Tracked: 2005-11-24 17:09

板谷由夏 映画「欲望」で濃厚な濡れ場
Excerpt:  11月19日に公開の映画「欲望」(小池真理子原作)に主演した板谷由夏が大胆な濡れ場を演じて話題になっている。  映画「欲望」は小池真理子の究極の恋愛小説を篠原哲雄が監督したR―18に指定された..
Weblog: DRAGONS★VICTORY
Tracked: 2005-11-24 22:38

板谷由夏、映画「欲望」で大胆濡れ場
Excerpt: ▼第三十回▼ ▲今回の名言・格言▲ ラ・フォンテーヌ 「人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命にであう。」 ●前回のおさらい● ?? 現在同じドラマに出演中の高島礼..
Weblog: 芸能人@イニシャルトーク解明ブログ
Tracked: 2005-12-02 18:53

『欲望』
Excerpt: 思考の足がかりとしてとてもおもしろかった。 だけどテーマが深い割には直接的にグッと染み渡るものがなかったかも。 小池真理子原作小説の初の長編映画化作品。 三島由紀夫へのオマージュでもあるとい..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2005-12-04 00:56

[ 欲望 ]性をクールに観てみよう
Excerpt: 映画[ 欲望 ]@渋谷で鑑賞。 2005年は三島由紀夫生誕80年・没後35年。 ということで、三島由紀夫に関連する映画が目白押しだった。 現代の芸術家たちが語る「三島論」を描いた [ みや..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2005-12-08 23:34

欲望
Excerpt: 学校図書館司書の類子は、不倫相手の能勢との散歩中、偶然、中学時代の親友、阿佐緒と再会し、阿佐緒と31歳年上の精神科医、袴田の結婚祝いのパーティーに参加することになります。そして、袴田邸で開かれたパーテ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2005-12-12 10:39

「欲望」
Excerpt: 篠原監督の挨拶つき、 というのに昨日行ってきた。 ノスタルジックでも古くさいと言う意味でもなく、 昭和の文学を映像で表現した作品だと思う。 文学を語る男と女のラブストーリーというのは、 平成を舞台に..
Weblog: もじもじ猫日記
Tracked: 2006-01-15 14:13

欲望
Excerpt: 今回はやたら長いっす。ぼつぼつ読んでください。 「欲望」 小池真理子原作の映画化。この映画を観る動機に多少のスケベ心があったことは否定できませんが。 とはいえ題材に三島由紀夫が使われていると..
Weblog: 泥海ニ爆ゼル
Tracked: 2006-02-22 22:44

小池真理子原作の映像化 「欲望」
Excerpt: ネットの掲示板でちょっと話題になっていたので借りたんだけど・・。 おそらくほとんどの人が観てないだろう作品を今日はご紹介。 映画 「欲望」 欲望板谷由夏 (2006/06/23)バンダ..
Weblog: 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
Tracked: 2006-08-16 20:35

『欲望』
Excerpt: 欲望 CAST:板谷由夏、村上淳、高岡早紀 他 図書館司書の類子(板谷由夏)は不倫をしていた。ある日類子は、偶然再会した中学時代の同級生の阿佐緒(高岡早紀)の結婚パーティーに招待される。そ..
Weblog: **Sweet Days**
Tracked: 2006-10-07 07:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。